eye.jpg

パソのあれこれ 一覧

少しだけ安く買えた

Amazonのブラックマンデーセールで現行MacBookProとiMacが出ていたのは知っていた。

MacBookだと持ち運びできるし、なによりRetinaで2Kオーバーだしこっちが本命だよなーと思いつつ、わざわざプライム会員になって臨んだにも関わらず瞬殺。あいつらどんなスクリプト組んでんだ。
あとで見ればどえらい安かった。あーこりゃ本腰入れた方がよかったな。

そうは思いつつもこういうのは縁なので、いつまでも未練がましくいてもしょうがない。買えなかったんだからそれはそれでいいじゃないかと思っていたら、再度セールで出てきた。
当然ブラックマンデーセールよりかは高いけど、市場価格から比べればかなり安い。しかもMacBookProとiMac両方がカートに入っている状態。うーむ。
さんざん悩んでCPUで不満感じるのは嫌という点でiMacに軍配。よいクリスマスプレゼントになった。

とりあえずいじくる

WindowsでもそうなんだけどやっぱりブートドライブはSSDじゃないと遅い。周辺環境がすべてSSDな状況でMacだけHDDというのはイライラしてくる。

かと言って最近のiMacはバラすのもひと苦労しそうだし、はてさてSSD装換は諦めないといけないのかとggrksしていたら「外付けSSDから起動」という情報を得る。

なんでも搭載しているThunderbolt 2の中身はPCI Express 2.0であり、つなぐだけでPCI Express直結でチョッ速なのだという。ほんまかいな。

とりあえず「超美しいThunderbolt外付けHDD『Mg』を、Thunderbolt外付けSSDとして使ってみた。」と同じことを行ってみる。

え、ケーブルついてないの? 10cmで1,000円!? 高ぇー。。とは思うものの、どうあがいたってAppleとSonyが作る独自規格は素晴らしけど高いのが世の常。買うしかないよね。

ちなみにBuffaloからケーブル付きで似たようなのが出てるけど、ケースががっちり両面テープで固定されているのでドライヤー使って外すとかなんとか。面倒なのでMgの方が楽かな。

Mgバラして出てきたのはHGSTのHDD。Samsungじゃないのがよい。

システム入れ替える前にUSB起動ディスクを作る

買ってきてなんにもデータが入っていないのでTimeMachineでバックアップを取るまでもなく初期化。

したいところをぐっと堪えてUSBメモリにOSイメージファイルを焼き込む。いまや光学ドライブすら搭載してないAppleの潔さは不便極まりない。

参考にしたのは「最も簡単に OS X El Capitan インストール USB を作る方法
中にはLion時代にリリースされた「復旧ディスクアシスタント」でもいけるみたいなこと書いてるサイトもあるけど、あれはたぶんガセ。Yosemiteでも試したけど見事に失敗してました。

USBの起動ディスクを作ったらさくっと外付けSSDにシステムインストール。起動が段違いで速い。これはやっておいて損はないかも。Thunderbolt対応のHDDがちょっと高いけど。

Virtual BoxにWindows7を入れる

BootCampでも良かったのだけれどWindowsとファイルをやりとりするのに、いちいち外付けドライブにデータ移して再起動してとかは面倒なので、仮想デスクトップソフトを入れる。

過去Parallelsを使っていた時期があって、非常に使い勝手が良かった記憶があるけれど、これ以上金はかけたくないのでVirtual Boxを使ってみる。


うむ。UIが古臭くて超絶ダサいがタダなので文句は言うまい。

インストールはISOファイルを用意しなければならないのがちょっと面倒。それ以外で苦労したところと言えば共有フォルダをゲストOS(Windows7)が認識しないということ。
OSX 10.6上に、Windows7をインストールする」を参考に設定するととりあえずは認識。
けど、ファイルのコピーとかえらいスループットがでない。どこかがボトルネックになっているとは思うのだけれど、とりあえず動いているのでこれ以上はいじらないでおく。

そんなこんなで12/28に届いたiMacがようやくまともに動くようになりました。まるっと二週間もかかってんのか。ネットで拾ってきた情報ばかりなので誰でもできるカスタムでした。

あ、キーボードカバー買っておいた方がいいと思いますよ。なんらかの液体こぼしたらキーボードバラせないんでアウトです。

HDDの当たり外れ

HDD買うなら故障率低いのがいいよな!とは思うものの、値段を考えるとWDかSeagateあたりに落ち着いてくる昨今いかがお過ごしでしょうか。


過去ファイルサーバーを24時間運用していた時は、容量デカくて値段安くて名前が知れてるメーカーなら大丈夫だろうと何台か買ったら見事に発生したWD緑の低速病。RAID組んでるどれもが病気にかかって泣くに泣けない状況になったのもいい思い出。いやよくない

あん時はKnoppixに世話になったなぁ。。ver.5.3だっけ。ver6以降はなんでかHDDにアクセスすらできなかったけど、5.3はちゃんとサルベージできたんだよなぁ。

さてそんなことがあってから極端に避けるようになったのがWD。逆にバラクーダのネームバリューが私の頭の中で一人歩きしていて、勝手に絶大なる信頼を寄せているのがSeagate。んで手元にあったバラクーダの2TB/7200rpmをメインのファイル置き場にしていたらこんな記事

S.M.A.R.T.の値見ると健康そのものなんだけど怖いものは怖いので、バックアップ用にと相性悪いメーカーながらもリファビッシュ放出セールでゲットしたIOの2TB USB3.0 HDD。S.M.A.R.T.見たらおんなじバラクーダの2TB/7200rpm。嫌がらせか。S.M.A.R.T.問題ないけどさ。。

続きを読む

過去にも経験している件

その昔、無線LAN子機とMicrosoft製マウスが電波干渉するという現象に悩まされた私。その後ArcMouse→Mouse7000に変更することで問題を解決したと思っていた。


2.4GHz帯はアウトなのか?

無線LANのスループットが上がらないというのはこの際置いておくとして、時たまマウスポインタがまともに動かない時がある。色々検証してみるとPS3稼働時に発生している模様。エー。

たぶん2.4GHz帯はMicrosoft系の製品は毒電波が強くて干渉しまくっている模様。まるで夜中のAMラジオに干渉する朝鮮語。使えんわ。

たぶんこっちもLogicoolに替えれば問題は解決すると思われ。たぶんPS3とも無線LANとも干渉しないと思うんだけどなー。

わけあって、WLI-UC-GNM2をWin8で使うことになった。

続きを読む

HDCAPPCIEを使っていた時はもっぱらアマレコを使っていた当方。エンコーダもわざわざシェアレジして使っていたものの、いかんせん容量を食いすぎるのが難点。あとそれ相応の回転数のHDDが必要なのも。

キャプると大体50分くらいで100GB前後のファイルを生成するアマレコ。キャプチャ先のHDDは信頼と実績のバラクーダ7200rpm/1TBなんだけど、9~10本キャプるとHDDはパンパン。AviutlでCMカットとか編集した後、x264のプラグイン出力バッチ処理で2日放置がいつものパターン。

CPU依存度が低いのが売りとは言え、これじゃ効率悪いんだなー。まとめてガツガツっとキャプりたい時にこれじゃあちょっと。とは言っても他にいいソフトもないし、なにより細かいところを設定できるのがアマレコのよいところ。

ちなみにHDDに関しては、WesternDigitalは死ね。特に緑のWD20EARSは死ね。不良品売るんじゃねぇ。

閑話休題-

HDMVC4UCを導入してもアマレコを引き続き使おうとは思っていたんだが、付属してきたArcSoft ShowBizというキャプチャソフトはどうなんだい? と試しに使ってみた。これがアマレコに慣れてる身からすると設定が全くできない超簡単仕様。物足りなさ全開。

選べるのは松・竹・梅の画像クオリティと、mpeg2・mp4/h264・mov/h264のキャプチャフォーマットのみ。x264系はソフトウェア処理でCPUパワーがないと滑らかなキャプチャは無理。Phenom2の4コアだとカクカク仕様にしかならないので、仕方なくmpeg2キャプチャ。

松の画質でmpeg2キャプチャしてみたものの、あーまーね、mpeg2だもんね、ほんの少しのカメラワークでもブロックノイズでまくりな感じ。これではちょいとキャプチャ環境としては厳しい。細かい設定できるなら多少画質の向上も期待できるけど、できないからね。

そんなわけで、結局アマレコにてキャプチャを続けた方が吉ということで、読んでいる諸兄たちにおぬぬめする次第であったりする。

HDCAPPCIEを使っていたものの、ふつーの手順でHDMIケーブルを抜き差ししているのに、接続先のHDMI機器が壊れてしまうのでご退役を願うことに。

戦績としては、HDMIスプリッタ×2、HDMIスイッチャ×3、HDMIマトリックススイッチャ×1。うち保証書が残っていたのはHDMIスイッチャ×1とマトリックススイッチャ×1のみ。他は捨てたさ。。

なんとかせんとなーと探してはいたものの、それなりのメーカーのそれなりのボードはそれなりの値段がするわけで、どうしようかなとネットをウロウロしていると、HDMI入力4ポート搭載のHDMVC4UCを6,000円弱で販売しているのを発見。速攻ぽちって使ってみた。

続きを読む

エントリ書くにあたって、ああ半年近く前はこんなことやってたんだなぁと思い出したので、その後どうなったのかを書いてみる。

結局LS-CLが復活することなく、一度ファームを書き込みに行ったのみ。
もうしょうがないので、開腹手術をして中に入っているHDDを摘出。げ。チョムスンかよ。。そりゃあ・・・なぁ。。

で、SATAスタンドを買って来て、Windowsからマウントしてみるものの、認識せず。んー。

調べてみるとknoppixでのデータ救出例が多いとのことで、6.4あたりをDLしてみるもマウントせず。ぐぬぬ。じゃあ5.3はどうなんだいとそっちでマウントしてみたら、ふっつーにUSB HDDとして認識。認識してるうちに1TBのデータを救出しましたとさ。

なにかあったらknoppix5.3だな。

その後Aspire easyStoreH342-S6が40,000円しないで放出されていたので素直に確保したのは前にしたためた通り。

2TB×2台追加して、計6TBをドライブエクステンダーかまして3TBで使用中。24時間稼動させてネットにも公開してるので、まー便利。DLNAにも対応してるので、キャプった動画とかをPS3とかtabあたりで鑑賞もできているという。

そんなこんなでデータの冗長性をいやというほど味わわされたお話でした。シングルHDD(NAS)買うならRAID買え!

ちなみにWHSについてはここいらへんを。アドイン? なにそれ美味いの?

LS-CL復活失敗。

昨年暮れ近くにぶっこわれたLS-CL。

改めてHDD1発の恐怖を味わい、そんな経験はもうしたくないのでNTT-Xで投売りしてたAspire easyStore H342-S6に3ヶ月くらい経ってようやく移行。ガワのデザインもよろしくて(これ重要)、DLNAがついてて、DDNS使って外部からアクセスできるんだから万々歳。あとちゃんとしたメーカーってのがデカいかな。

なんかガワだけのだとコレガとかそんな地雷メーカーしか作ってないんだおん。デザインクソみたいだし。で、デザインで選ぶとbuffaloとかになるんだけど、市販のHDDで換装できないし、IOは宗教上の理由で論外だしさ。そりゃeasyStoreに飛びつくさ。

とりあえず先に買ってた2TB×2発のHDDを追加→6TBで運用中。WHSのデータの管理の仕方とかも面白いんだけど、それはまた別の話っつーか、ここにまとまってるから。RAIDだと思ってたら違ったから最初ちょっとびびった。

んで、壊れて殻割りされて投げ捨てられてる状態のLS-CLなんだけれども、再利用しようと余ってる320GBのHDDを入れてみた。が、なんでかぜーんぜんファームがインストールされない。

「LSUpdater.exe」での認識までは行くんだけど、ファームの更新をかけようとすると「同じネットワークではない」と言って処理を中止してしまう。んー。。。同じセグメントにしてるんだけど。。。NAS Navigator2を併用しながら5回くらい作業を最初から繰り返したら、なんか偶然ファームをインストールするところまで行った。けれども再起動失敗?? で結局ファーム更新ならず。

なんだろう、320GBは対応してないんだろうか? 調べても大概はインストールできてるんだよなぁ。製品ラインナップとして320GBは存在しなかったからなぁ。NAS Navigator2で製品名見ても「LS-CLDC32」とかなんとかわけ分かんない型番なってたし。

もう寝たいからやらんけど、ビデオキャプ用に使ってる1TB外してもう一回チャレンジしてみるかね。。それでファーム入れられるのなら、HDDの容量チェックなりで引っかかって失敗してるんだろうな。

結構前にポチったHDCAPPCIE
「安く1080i以上のキャプができればいいなぁ」+「Game SwitchなしでHDCPがごにょごにょ・・・」という理由だけでポチったのだが、どうにもPS3の画像をアレできなかった。

なんでやろう?
途中でHDMIスイッチャ挟んでるからやろかとか思いつつ、できないものはできないので、「とりあえず他のソースはキャプれるからいいや」と問題解決をしないでほったらかしていた当方。

ところがちょちょいと調べてみると
 「おめぇ、PS3の出力1080pになってっから画面黒いんじゃねぇ?」
という文献を見つける。

ん?
んんんんんんんん?

1080i出力にしたら映りましたよ、あかねキャプチャーのプレビュー画面にアレのアレが。
そんな単純なところでひっかかってたんか。。そうだよな、HDCAPPCIEは1080iまでしか対応してないもんな。。

とりあえず映ったのでよしとする。

勢いで買ったhpのML115 G5。1万もしないサーバー機なのになんでかPCI-Ex16ついてたりとか、遊べるっちゃ遊べる機種。動画キャプマシンとしてデスクトップが1台欲しかった当方にとっては、安くてなんにも入ってない(OSとかビデオカードとかサウンドボードとか一切なし)から自分好みにカスタマイズできるうってつけのパソ。

サウンドボードは今のところ必要ないから、OS入れて、ビデオカード突っ込んだだけの構成。HDCAPPCIEも動くし、一通りの作業はできるものの、なんでかiTunesが動かない。起動はするものの同期をしに行ったらそのままご臨終となる。

最初shuffle(2G)の問題かと思ったけど、classic(6.5G)でもなんか挙動不安定。一度接続したらclassicの液晶に表示される文字がすべからく化けるという現象に。今までの母艦であるnx9110につないだら直ったけれども、これは迂闊にML115にはiPodは接続できんなぁ。ネットで調べたけれどもそんな挙動にぶち当たっている人はおらんみたいやし。

そもそもML115なんてマニアックなパソを買ってる時点で、入れるOSはたいがいLinux野郎ばっかりみたいで、XPでそんなことで頭悩ませているやつなどいなかったり。

かと言ってnx9110をiPodの同期のためだけに置いておくのも邪魔すぎるわけで、なんとかML115でiPodの同期を取りたい。そこでiTunesクローンという感じになるわけだが、どうにも本命のSongbirdはiPodを認識すらしない。さらに調べていくとWinamp+ml_iPodが最高という結論に至った。

デフォルトでもiPodには対応しているけれど、曲順が曲を転送した順番になるという致命的な仕様のため、それを解決するためにml_iPodを入れると言った感じ。CoverFlowは取り立てて使ってないので、ジャケットが転送できなかったところでどうでもよかったり。

そんなわけでML115でiPodの同期が取れない人はWinampを使うといいよ。CoverFlow転送できないけど。

このページの上部へ

サイト内検索

最近のピクチャ